テレビゲームよりも体験を!

育児

みなさんいかがお過ごしでしょうか。
今日は私が子育てで大事にしていることをまとめようと思います。
娘のお友達はゲームと言えばテレビゲームやタブレットの中にあるものと考えている子が大半です。

「サンタクロースにDSを頼んだ」とか、「ゲームに夢中になって全然宿題しない…」『YouTube見て午前中が終わる」…そんな話をよく聞きます。
私の家ではゲーム=ボードゲームと教育させているので、最近娘のブームは「大富豪」です。ボードゲーム の中にトランプも入るかな⁈

ボードゲームの中に潜む可能性

一生懸命ルールを覚えて、みんなと競争して「勝てるようになりたい!」「早く上がれるようにするには…」と頑張ってます。

私が大事にしているのは、一方方向のコミニケーションではなく、顔と顔を見て、目と目を合わせて、人とコミニケーションをするスタイルのゲームを子どもにはさせたいです。
色々な空気を感じてほしいですね、空気を読む感覚。

テレビゲームよりも体験をしよう!

そんな観点から、私は特に子ども達にはいろんな体験をしてほしいと思います。
私がイベント好きということもあって、子ども達はいろんなイベントに参加したり、経験を積んでいます。

例えば…以前、私の勤務校の高校生たちがイベントを企画しました。
「子どもの居場所づくり」や「ママさん達のコミュニティのサポート」を目的として企画しました。

その際、娘たちも参加したんですが、長女が宿題の日記に感想を書いてました。

「今日は◯◯お姉ちゃんがヒザ抱っこして読み聞かせの絵本を一緒に見てくれました。とってもうれしかったです。」

私はその日記を見てなんだかすごく申し訳ないなぁと…いう気持ちになりました。

やっぱり、3歳や歳に手がかかり、十分に抱っこさせてあげる時間的・精神的余裕が私になかったなぁ…と反省しました。

やっぱり小学生もまだまだ甘えたいし、抱っこしてほしい時期だよなぁ~と思うと
もう少しスキンシップを取らなきゃなぁと思いました。

そんなこともあり、今年の目標は今まで以上に家族で過ごす経験や体験を大事にしようと思います。

今年はマラソンに家族で出よう!と思ってます。
とはいえ、幼児を連れてのマラソンは結構ハードルが高い。
マラソンはハードルが高いので、「○○マーチ」みたいなウォーキングコースにエントリーします。

子ども達と散歩のように歩くことで、いろんな景色を見て異年齢の方々と触れ合い、自分の住んでいる故郷の良さに気づいてもらう狙いです。
何よりも家族と休日にこういう自然体験ができるという経験を記憶に残って残してあげたいな~と思ってます。
早速第一弾は2月22日です!晴れるといいなぁ。

また、その様子は後日まとめますね。
最後まで読んでいただきありがとうございます。

*ウォークラリーの様子はこちらから読めます!
1分で読めちゃうのでぜひ見てみてください。

子どもには「教科書」の知識よりも「人との出会い」「体験」を

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

コメント