Famm動画クリエイター講座、はじめました!〜初回の感想をレポート(第一回目)〜

副業

みなさんこんにちは。
いつも学校教育や育児について書いていますが…今日はテイストを変えて「副業」について書いてみます。
教職は天職だと思っていますが、勤務校の教育方針とRinが目指す教育方針が違いすぎていて日々苦悩しています。
だからこそ、半年前ぐらいから本気で転職を視野に活動しています。
クラウドワークスやランサーズで地道にライティング案件を頂いたり、他にもスキルを身につけなければ!と思っています。

Rinと同じように、職を変えたいな…と漠然と思っているそこのあなた!
現役高校教師が本職を脱するまでの奮闘記をシリーズでお楽しみください。脱出できれば…の話ですが(笑)

これからの副業=動画編集が熱い!

2020年以降の副業で絶対に欠かせないのが「動画編集」だと確信しています。
というのも、5Gの時代に突入して何かを検索すると決まって「動画で解説」が出てくるようになってきました。
テキストベースの時代から動画ベースの時代に大きく舵が切られているような感触です。

そこで、一念発起!
「動画編集のスキルを身につけよう」と思いました。そしてこのスクールに入校。
シッター常駐「子どもと一緒に通えるFammママwebデザイナースクール」

Rinにしては初期投資も思い切りましたね。投資回収を半年と見込んでいます。
(1ヶ月勉強して半年で実績を積んで、講座代金を回収します。)

Rinはありがたいことに、Adobeのソフトが使いたい放題の環境なので、脱出する前にスキルを身につけとかなきゃ損です。
というより、教員って教壇に立たなければ、ただの人ですからね。武器もたず戦いに行くなんて勝てませんよね。

迷える子
迷える子

数あるスクールの中で、なぜfammにしたんですか?

Rin
Rin

決めては3つ。
①講座終了後に優先的に仕事の案件が頂ける
②その他の講座内容も見れる
少人数クラス

① 講座終了後に優先的に仕事の案件が頂ける。

動画クリエイター講座は短期集中の1ヶ月
最も魅力を感じたのは、講座終了後にお仕事案件をいただけ、実績が積めるという点でした。
クラウドワークスやランサーズにも「動画編集」案件は出ていますが、なかなか初めての人が受注までこぎつけるのは至難の技。

その点、優先的に案件をいただければ例え単価は低くとも実績となり、自分のポートフォリオにもなるな!と思いました。

②他の講座も見ることができる。

Adobeのソフトには、IllustratorやPhotoshopなどデザイン系を学ぶ人には欠かせないアプリケーションが満載。
Rinも一度フォトショのオンラインサロンに入りましたが…すぐに脱退しました。
なかなか、体系的に学ぶのも難しいし、ネット上に無料解説も多くあるんだけど、なかなか学習しない…。
そんな状況だったので、動画編集のスキルが身についたら、イラレとフォトショにも手を伸ばしたい!と思っています。
そのため、他の講座を無料で受講できるのはかなり魅力的でした。
まだそこまで行きついていないので…後日レポートします。

③少人数クラス

講座の定員は最大人数8名。
学校もですが、少ない人数の方が目が行き届き良いものです。
まさに老子の「小国寡民」です。老子の「小国寡民」はセンター倫理で頻出語句なので受験生はきちんと押さえておきましょう!

私のクラスも5人の受講生でスタート。とは言え、私は毎日学校でしかも授業…
リアルタイムで参加は厳しいです。初回から配信された録画動画でした。

しかし、録画動画のメリットを最大限に活かしています!
まず、再生を1.7倍速で視聴。日頃からすべての音声・動画を2倍速で聴いているので難なく聴けます。

Voicyも2倍速です。Voicyについては過去記事をぜひ↓

本講座は10時から13時までの長丁場ですが、倍速だと半分ぐらいで見れて、復習時間まで取れます。
でもやっぱりみんなと参加したいなぁ〜という気持ちもありますが…

今後の目論見

できることなら動画クリエイターで生きていきたいですが…当面の間は教員を続け、闘う武器を手に入れていきます。
「副業は本業に生きる」とよく言われるように、3月クラス替えの前にクラスの動画を生徒たちにプレゼントしたり、いつもお世話になっているママ友に子どもの動画を編集してプレゼントしたりできたら良いなぁ〜と計画中です。

今、まさに練習中なのでお近くのママ友さん、お子さんの動画編集させてください!

最後までお読みいただきありがとうございました。



にほんブログ村 教育ブログへ にほんブログ村

コメント