星野源「10thAnniversary Concert’Gratitude’」感想

備忘録

みなさん、こんにちは。久しぶりの更新です。
毎日、今までにない経験をたくさん積んでいるRinです。
というのも…今年度から学科が変わり、生徒の「質」がいい意味でも悪い意味でも変わりました。
普通科の子じゃ絶対しないような生徒指導問題も起こり、私自身の指導力もアップデートしています。
10年以上勤務してて、「これ、初めての経験」がたくさんあります。
「先生、大変だね…」と他の先生からも慰められますが、今アップデートしている!と思えば、まぁ乗り切れます。

そんな毎日なので、心も体もボロボロですね…
先日は目の周りに謎の湿疹ができ、皮膚科へ行きました。すると、「疲れからくる蕁麻疹ですよ。」と言われました。
授業中も5分前に聞いたことを繰り返し聞く…みたいなことも度々です。
ってことで、自分へのご褒美に大好きな星野源さんの配信ライブチケットを購入しました。
今日はそのライブについて書こうと思います。

「10thAnniversary Concert’Gratitude’」セットリスト

セットリストはこんな感じ⇩

  1.  POP VIRUS
  2. 地獄でなぜ悪い
  3.  湯気
  4. ステップ
  5.  桜の森
  6.  肌
  7. Ain’t Nobody Know
  8. 折り合い
  9. 老夫婦
  10. 未来
  11. うちで踊ろう
  12. プリン
  13. crazy crazy
  14.  SUN
  15.  Same Thing
  16.  Hello Song

配信ライブって場所を問わず、どこでも楽しめるのがいいな!と実感。
娘たちと始まる前から「ドラえもん歌うかな?」「1曲目何かな?」とワクワクしながらスタート。

思わず呟いてしまいましたね。

配信ライブってどうなの?問題

チケットの購入方法とか、ライブ感あるのかな?とか、どうやってアクセスするの?とか色々疑問があった初めての配信ライブ。
体感した感じは…生のライブと配信ライブどっちもあっていい!という結論です。
チケット購入方法は、公式サイトから会員登録して購入。
これは結構簡単(ZAIKOというサイト経由)でした。その後、ライブのURLが書かれたメールが来ました。

時間になったらそのURLをクリック。すると…つながらない!(焦)
もう焦りました。ログインはできても、次につながらない。もうすぐ開演の19:30…
3分前ぐらいにギリギリつながりました。

そこからはLIVEって画面が出て始まりました。

配信ライブのメリットは…
①場所を問わない!(入院中でも子育て中でも楽しめる)
②移動の旅費とか時間とかを考えると、かなりコスパがいい
③音響も悪くはない
配信ライブのデメリットは…
①臨場感に欠ける(ライブの始まる前の客席の一体感とか、空間の一体感とかはないなぁ…)
②アクセスが不安定(始まる前の混雑や配信途中で途切れることも)
総じて、悪くはない!というのがRinの結論です。
終わってすぐ、「22時よりアンコールを行います!」とTwitterで流れ、「え?今からまたやってくれるの?」とにわかに期待しました。
結局はアーカイブでしたが、でも終わってすぐにもう一回聴けるってすごいことだと思います。

色々な角度からカメラで撮られていて、日頃のライブではみることの出来ない角度から楽しむことができます。

また、チケット購入後は3日間再配信で見ることもできます。
これらのサービス付きで3500円はコスパ高いです。
地方からライブに行くと、飛行機代や新幹線代、宿泊代に時間もかかる…って思うと、浮いたお金で早速、楽天でポチッとしました⇩。

 

 

やっぱり源が好き♡

MCを聞くたびに、星野源さんの人となりが会見えて「やっぱり好きだな〜」って思ってしまいます。
いつも「ありがとう」をたくさん言う源さん、素敵。
私は自分がガンになって、入院している時に星野源さんのエッセイ本を読んで、大好きになりました。
色々な状況で日々戦ったり、悔しんだり、喜んだり…その中でいつかまた会えたら「笑顔で会いましょう」っていう想いが曲になった「Hello song」。
この曲がラストだったんですが、聞くたびに涙が出ちゃいますね。

源さんもMCで話していた「お礼が言える人もいれば、もうお礼を言えない人もいる。どうやって伝えたらいいか…日々考えている。」という言葉。
大事な人が永遠に近くにいるとは限らない。
これはコロナに限ったことではなくって、大事な人や大事な時間を大事にしていきたいと改めて思いました。

今週もまた頑張れそうです!

最後までお読みいただきありがとうございました。
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村 

コメント