オンライン授業のまとめ〜メリット・デメリット〜

学校教育

みなさん、こんにちは。
コロナ第二波が着々と近づいている今日この頃ですが…改めてコロナ禍でRinが行ったオンライン授業についてまとめてみようと思います。

第二波に備えてこれから「オンライン授業にチャレンジしたいな!」という人や、「オンライン授業って実際どうなの?」と思っている人におすすめの記事です。3分で読めますよ。

オンラインのプラットフォームはzoomで決まり

勤務校は3月の終業式を前倒しして臨時休校に入りました。
通常ならその後、春季補習に入るんですが、補習も中止。
しかし、「学びを止めない!」と奮起し、オンライン授業を実施しました。

勤務校は生徒全員、iPadを持っています。環境は十分に揃っているのに、「よし!オフラインがダメならオンラインで!」と思う教員が私以外に他にいない現実を目の当たりにしました。
悲しい学校現場のICT教育の実情です。

そんな思いは過去記事にも書きました。よかったらどうぞ!

オンライン授業を考えた時、Rinの選択肢にはzoomとskypeがありました。
生徒は英語の授業でSkypeを一度使ったことがありました。一方zoomは名前すら知らず…

 

迷える子
迷える子

先生はどうしてzoomを知ってるんですか?

Rin
Rin

副業の世界ではzoomで会議とか普通だよ。

普通科の学科長ですら「zoomってベネッセとかがやってるやつ?」ぐらいの認識でした。(悲しい現実…)
迷ったRinは、唯一フィーリングが合い、志が似たような同僚に聞いてみました。
すると…「先生の中で、もう結論出てるでしょ」と言われてしまいました(笑)

zoomもスカイプも双方向なのは変わりません。
ただスカイプはアカウント登録が使用者全てに必要となってきます。
一方zoomはアプリのダウンロードだけしておけば、受講者は煩わしい登録作業は一切なし!。
授業者が授業のミーティングIDやURLを送っておけば大丈夫。

一番大事なのは、利用者の利便性なのでzoomを使って授業することに決めました。
生徒達はアプリをダウンロードするだけで、ストレスなく参加できたようです。

グランドルールはオンラインこそ重要

ファシリテーションをする際に、必ず最初にグランドルールの確認をします。

迷える子
迷える子

グランドルールって?

Rin
Rin

その「場」のルールです。場にいるすべての人が守るルールのことです。

オンライン授業の際、以下のグランドルールを作りました。

 

・オンラインだからこそ、リアクションは5倍増し
・いいね!・挙手・チャットなど大活用(基本はミュート)
・リアルじゃない分、何をしていても問わない
(部屋に入ってきてるけど、聞いてないんじゃないか?とか詮索しない)
・自由を保証する

 

結果的に、チャット機能を使うと日頃声を上げにくい生徒ほど活躍できました。
また、全員の表情が見えるわけではないので『「聞いてる?」とか「わかってる?」なんて聞かれず、安心して授業を受けられた』という声もありました。

一方的に話し続けるのは辛いので、「〇〇さんはどう思う?」とか、「チャットのこの意見をもう少し聞かせて」と生徒に発言させることがとても大事だと感じました。

また「先生、ちゃんと聞いてるんで漢字の書取りしてもいいですか?」と申し出た生徒もいました。
もちろん「OK!」と即答しました。授業中におやつを食べていた子もいましたが…みんなに画面が映る場合じゃなければ基本手に何をしてもOKとしました。

教育の平等性・公平性

たどり着いた唯一の問題点が…生徒のネット環境です。
「タブレットはある・zoomもダウンロードした!けど…Wi-Fiがない」という生徒が一定数いました。

迷える子
迷える子

先生の授業は受けたいから、ファミレスに来ています。

Rin
Rin

じゃぁ、ドリンクか何か注文してるんだよね?

迷える子
迷える子

はい…

ファミレスで受講していると聞いてなんとも言えなくなりました。
申し訳ないなぁ…という気持ちと、でもそこまでしても学びたい!という意欲と…。
その事実を聞いて、Rinにできることと言ったら、現状を報告するぐらいでした。

 

するとICT関連の先生が尽力してタブレットの通信制限を解除してくださいました。
今回はことなきを得ましたが、やはりオンライン授業を進める上で1番のネックが環境・ネットスキルの問題です。

ネット環境が自宅にない、PC関係に疎いという生徒をどう支援していくかがICT教育の鍵になりそうです。

機材も授業の質を左右する

より音が聞こえやすいように、画面がクリアに見えるように…など授業者が工夫できる環境面は結構あります。

  • ヘッドセット(マイク付き)
  • ライト
  • アップルペンシル

など余裕があれば揃えたいですね。

オンラインのメリット、デメリット

オンラインのメリットは…

    1. 場所を問わない
    2. 気楽に受けられる
    3. 双方向コミュニケーション

オンラインのデメリットは…

    1. 受講者のネット環境・ネットスキルの有無
    2. 授業者のPCスキルやファシリテーション力
    3. 事前準備が慣れるまでは大変

いつまた休校になるかわかりません。
オンラインのスキルはあって損はありません。
少しづつ身につけていきたいものです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

コメント